「紅あぐーカレー」はどストレートな日本カレー!レトルトカレー食レポ

沖縄で生まれた幻の豚 紅あぐーカレー

幻の豚!
沖縄でそう呼ばれている希少価値の高い豚の名は「紅あぐー」。今回は、この豚を用いたレトルトカレー「沖縄で生まれた幻の豚 紅あぐーカレー」をいただきます!

カレブロ
流石に「幻の豚」は言い過ぎなんじゃないの〜?一万人に一人の美少女と同じ臭いがプンプンするんやけど…。

では、その前に「紅あぐー」とは一体どんな豚なのか予習したいと思います。

 

「紅あぐー」は女性のミカタ!

紅あぐーカレーのパッケージ

「紅あぐー」の特徴

  • コレステロールが一般的な豚肉と比べて低い
  • 体に良い脂肪成分オレイン酸を多く含む
  • コラーゲンを含む
  • 甘みのある脂が自慢

パッと見る限り「紅あぐー」は非常に身体に優しいように感じます。特に女性にとっては「コラーゲン」の一文がかなり魅力的に感じるのでは??

ただ、このカレーでは具材の一つとして含まれているだけなので、そこまで恩恵は得られないかと。あくまで「こんな豚だよ〜」という説明です。

 

いざ、実食!

これぞ日本のカレー!

紅あぐーカレーは日本のカレー

THE JAPANESE CURRY!!!
日本人なら絶対に香ったことのある匂い、食べたことのある味、どストレートに日本のカレーの味が楽しめますもちろん美味しい!

具材を見てみると「じゃがいも」「にんじん」「玉ねぎ」の三種の神器。クゥ〜〜!悔しいくらいに直球勝負!懐かしの家の味を思い出させてくれます。

カレブロ
味は違うけど、懐かしの味という点ではココイチカレーと同じ路線のように感じました。

噛み応えありの甘い「紅あぐー」

紅あぐーは噛み応えがある

そして忘れちゃいけない「紅あぐー」はと言うと、コロコロッとブロック状のお肉が沢山ルゥから覗いています。食感はしっかりしていて、噛めば噛むほどにソースの染み込んだ肉や脂の甘みが出てくる出てくるかなり美味です!

しか〜し、「幻の豚」かと聞かれると正直微妙なところで、カレーとしてではその力を100%発揮できていない気がしました。ん〜、もったいない!!

カレブロ
得意科目は数学なのに、文系を選んでしまった。そんな悲しさ。

でもでも、カレー全体としては非常に美味しかったですね。100点満点ではないけれど、日本人なら絶対美味しいと感じ、懐かしさを覚える75点の味。「紅あぐーカレー」はそんなお味でございました!

(これは褒めてるのか…?自分で書いてて分からなくなってきた笑)

 

ごちそうさまでした

紅あぐーカレーの食後

ザ・日本のカレーと感じただけあって、食べる手が止まらず、およそ3分弱で食べきってしまいました。このカレーはストックを補充して定期的に食べたくなりますね。やはり安定の味というものは強いです。

そしてちょっぴり残念だったのが「紅あぐー」を体感しきれなかった(のではないか)所ですかね〜。沖縄料理屋さんへ行く機会があったら一度探してみようと思います。

それでは今回もこの辺りで、ごちそうさまでした!

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。