カレーの名前の由来って?インドにはカレーが無い!?

インドにカレーは無い

カレーライス・カレーうどん・カレーパン、はたまたカレー味の◯◯など、普段僕らが生活する上で、「カレー」は何かしらの形で出てきますよね。

この「カレー」という言葉。日本の社会に馴染みすぎて気にすることも無いですが、その名前の由来は分かりますか?おそらく多くの方が「インドで生まれた料理だからインドで生まれた言葉だろうな」と勘違いしていると思います。

カレブロ
まあ、インド料理だからインドが由来なんてことは当たりm…ん?勘違い?

そうです。勘違いなんです。
そもそもインドにはカレーという料理は存在していなかったのです!

カレブロ
どっひゃ〜〜〜!インドにカレーが無い?頭がこんがらがってきたぞ…。

そこでこの記事では、カレーの語源は一体何なのかを追求していこうと思います!

 

インドにカレーはない?

インドにカレーという料理は無い

まず、カレーの語源を考える上で大切になってくるのが「カレーの定義(カレーとは何を指すのか)」。カレーの定義は書物によって様々な見解がありますが、分かりやすく言うと「スパイスを複数使用した料理」とです。

インド料理は、素材に合わせてスパイスを選び混ぜ合わせて使用するものなので、カレーの定義から見れば、インド料理の殆どが「カレー」ということになります。

インドの男
はて、カレーとは何かね?これはビンダルーって料理だよ。

しかしインド人はそれぞれの料理の名前(ビンダルー・モリー等)で呼んでいたため、カレーという言葉は存在しませんでした

これが記事の冒頭で「インドにカレーはない」とお伝えした真相です。

カレブロ
むむ?じゃあどうやって「カレー」は生まれたの?

 

きっかけはヨーロッパ人にあり!

ヨーロッパ人がカレーと呼び始めた

インドで生まれることが無かったカレー。実はヨーロッパ人が名付けの親だと言われています。

大航海時代、多くのヨーロッパ人がスパイスを求めてインドへやってくるようになりました。その際ヨーロッパ人はインド料理と出会い、それらのスパイシーな料理を総称して「カレー」と呼ぶようになったそうです。

ヨーロッパの男
インド料理たくさんあるけど、どれもスパイシーだから、まとめて「カレー」って呼ぼうぜ!

そんなヨーロッパ人によって勝手にざっくりと名付けられた「カレー」ですが、より詳しい内容については様々な説があるそうで、この記事ではその内3つをご紹介します!

タミール語「カリ」説<最有力>

「生または味付けされた肉・野菜」「ご飯にかける汁」という意味を持つ南インドの「カリ」が語源とされる説で、最有力の説と言われています。

どうやらヨーロッパ人が「カリ」を「カリール」という料理だと勘違いしてしまい、そのまま広がっていったとされています。

カレブロ
ここでも勘違いですか(笑)。今回は勘違いというワードがよく出てきますなぁ。

インド北部の伝統料理「カディ」説

インド北部で昔から食べられている伝統料理「カディ」が語源とされる説です。「カディ」→「カリィ」→「カレィ」→「カレー」みたいな流れでしょうか。

ヒンドゥー語説

インド人の約80%(2011年)が信仰している宗教「ヒンドゥー教」から生まれたとされる説です。

  1. カリ・アムドゥー…神様にお供えする野菜ご飯
  2. ターカリー…香り良いもの、美しいもの
カレブロ
インドにカレーという言葉こそ無かったものの、それっぽい言葉はたくさんあったようです。ヨーロッパ人が呼び始めたのも単なる偶然ではなさそうですねぇ。

 

今ではインドでも通じる「カレー」

今ではインドでも「カレー」は通じる

インド人の知らないところで生まれた「カレー」ですが、逆輸入する形で現在はインドでも通じる言葉となっているようです。

小学生の頃は「カレーは辛ぇからカレーなんやで!」と半ば本気で思っていた僕ですが、まさかこんなにも多くの国が関わって面白い歴史があるなんて思いもよりませんでした。

この知識をアウトプットする機会は滅多にないことと思いますが、家族や友人とカレーを食べる際は、是非このお話をしてみてくださいな。意外と面白い反応が返ってくるもんですよ(体験談)。

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。