博多明太子カレーは「桐島、部活やめるってよ。」に似てる。

コンビニでおにぎり買うなら明太子。パスタ食べるなら明太子パスタ。

子供の頃から何かとお世話になり、超大好物の明太子ですが、今回はその明太子を使ったレトルトカレー「博多明太子カレー」をいただこうと思います!

明太子ほど炭水化物欲を掻き立てる食べ物はそうそうありませんから、美味しいことは約束されたようなもの。どのように仕上がっているのか楽しみでございます。

 

食べる前にパッケージチェック

博多明太子カレーのパッケージ

まずパッケージチェックから入るのがカレブロ流。パッケージは商品の顔でありイメージに繋がりますから大切なポイントなのです。

博多明太子カレーは…ちょっとイマイチかな。。。

オモテ面はまだ良いとして問題はウラ面ですね。カレーの盛り付け写真が挿入されているのですが、これがなんとも美味しくなさそう(笑)。もうちょっと明るく鮮やかに出来んかったんかい(笑)!

それと皿の切り抜きも、かなり雑。カレー溢れそうやん?僕はAmazonで買ったから良いとして、店頭でパッケージ買いする人はなかなか選び辛そうです。

いきなり雲行きが怪しくなってまいりましたが、食べる前に決めつけるのもナンセンス雨。早速いただいていきましょう!!!

 

いざ、実食!

匂いからは明太子を感じない

博多明太子カレー、匂いからは明太子を感じない

うん。パッケージより全然美味しそう。心配は杞憂に終わりそうで良かったです。

そして匂いからは明太子カレーはほとんど感じませんね。もっと明太子が主張してくるカレーだと想像したのですが外れました。

しかしかなり良い匂いが漂ってきます!一般家庭的なカレーとはかけ離れた色のルゥですが、カレーの深い香りもしますし、シチューとかクリームソースとかそういった雰囲気も感じられます。

カレブロ
匂いレビューは早々に切り上げて、そろそろいただくとしますか!

バターがマイルドで深い

博多明太子カレーはバターが強い

は〜ん、なるほどなるほど。このカレーはバターやココナッツのコクがかなり効いていますね。匂いレビューの際シチューと例えましたが、まさにそれに近い形のカレーでとっても美味しいです。

そして結構辛い。でも、舌やお口の表面を直接刺激するような辛さなのですぐ慣れますよ。マイルドなソースとの相性的にもかなり良いので、ご飯もどんどん進みます。

カレブロ
パスタにかけても「ホワイト明太子カレー」っぽくなりそうで美味しそう。もう一つ注文して試してみよっかなって、ん?なに?
明太子
なんか忘れてない?絶対忘れてるよね?
カレブロ
イヤイヤ、そんなコトはないでござるよ?もうすぐ紹介しようと思ってたところなのにせっかちだなぁ。

ということでそろそろ主役の明太子について語っていこうと思います。

明太子は全体を締めている

明太子はルゥ全体を締めている

先にお伝えした通り、このカレーはバター等のマイルドな印象がかなり強いです。明太子は主役としてガツンと味が来ることはないのですが、カレー全体の味を締めてくれています。ふわっと軽〜く明太子を感じられるタイプで非常に好印象です!

それと食感もポイントの一つ。明太子のプチプチとした食感が楽しく、明太子の存在をしっかりと感じさせてくれる重要な役割を果たしています!

そしてここからは完全な戯言ですが、博多明太子カレーは、とある映画に似ているなぁと感じました。

桐島、部活やめるってよ。に似てる(ネタバレ注意)

皆さんはこの映画見たことありますか?タイトル通り桐島が部活を辞めるという話ですが、劇中桐島は一回も出てきません。桐島の退部を聞いた様々な生徒が奔走するというストーリーです。

しかし物語は桐島を中心に回っており、桐島の存在がこの映画全体をまとめあげているのです。

これと同じく「博多明太子カレー」も表立って明太子を感じることはないですが、バター等のマイルド濃厚なルゥをしっかりまとめ、オリジナルのカレーとして完成させています。

ここに僕は映画とカレーの共通点を感じたのです。まぁ誰にも伝わらないと思いますが(笑)。

 

ごちそうさまでした

博多明太子カレー、食後

実際いただくとパッケージよりも数倍美味しいカレーでした。ホワイトソース系のルゥと明太子のバランスが絶妙でバクバクと食べられ、ぺろっと完食しちゃいました。

今度は「ホワイト明太子パスタ」として食べたレビューもしよっかなと思ってますので、是非そちらも読んでいただけるとありがたいです!

そして「桐島、部活やめるってよ。」を見たことある方は是非一度食べてその感想を聞いてみたいですね。なんとしてでも共感した自分がここにいます。

それでは、ごちそうさまでした!

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。