【DIY】シャンな撮影用キッチンを作ろう。その1【日記】

DIY キッチン

カレーのブログでは、ブログサイトだけでなくyoutubeにレシピ動画をあげたりもしているわけですが、常々気になっていることがありました。

カレブロ
背景が汚ねぇ。

ちらちらと映る、長年のシミなどがついた壁がとても気になるんです。動画の編集作業をしていてもそれが映るだけでなんだかやる気がなくなるのだ。

気になる。なら思い切って部屋を撮影用キッチンとして大改造してしまおう!そんな思いつきから僕のDIY生活が始まるのであった。

 

まずは壁をどうにかしよう

壁から全てを始めよう

DIY キッチン

みての通り、我輩の部屋の壁は超ふつうかつ汚い。どうやらまずはこの壁からどうにかしなければいけません。壁を綺麗にするだけならオサレな壁紙に張り替えるだけでいいのですが、今回壁付けのスパイスラッや調理器具掛けを作りたいと思っているのです。

それらを付けるとなると、壁に穴を開けなければなりません。しかし我が家は賃貸住宅。壁にばっこり穴なんて開けた日にゃ大家さんに「ばっかも〜ん!」と叱られてしまうことでしょう。どのみち、壁の造りからしてもネジや釘を打てそうにもないのです。

そこでまずはネジや釘を打てるよう木の壁から作っていこうと思います。

支柱をつける

DIY キッチン

きの壁を作るためにまずは支柱となる木の柱を立てていきます。難しそうに感じますが、この作業はとあるグッズさえ買えばとっても簡単。

DIY キッチン ラブリコ

その名はラブリコ。ホームセンターで売ってる2×4材にぴったりはまるアジャスターで、上部についたネジをくるくる回すだけで釘やネジを使うことなくつっかえ棒(支柱)を建てることができるのです。

今回はこの「ラブリコ」と2×4材を4つずつ近所のコーナンで購入し、支柱として取り付けました。スパイスラックの棚を左側につける予定のため、支柱は左の方に多く取り付けています。

木材は天井の高さから95mmの高さに合わせる必要があったので、コーナンで切ってもらいました。

合板を支柱につけていく

DIY キッチン

同じくコーナンで買ってきた暑さ12mmの合板を支柱に打ち込んでいき木の壁を作っていきます(合板も寸法を測って切ってもらいました)。

合板は結構な重量なので、支えながらトンカチで釘を打っていくのはかなりの重労働。半泣きになりながら約50か所トンカチれば、かなりインパクトのある木の壁が完成しました。木のささくれが手に刺さって超痛いし。

しかし、真ん中に横幅4cm程度の隙間ができてしまったので木工用紙ねんどで穴埋めしました。

壁紙を貼る

DIY キッチン 壁紙

さてはてオサレな部屋を作る上で最も重要なポイントである壁紙のチョイスですが、今回は「コンクリートの壁紙」に決定しました。シックな雰囲気を演出したく、それにはこれがピッタリという決断です。

それでは早速木の壁に貼り付けていくわけですが、いやはやこれが想像の7倍は難しい!柄がずれる・真っ直ぐ貼れない・しわができる・などなど、てんやわんやしながら、どうにか貼り付けることに成功。

苦労の甲斐があったもので、自分の想像を超えてオサレな出来になってしまいました。

カレブロ
どうしよ、めっちゃええやないか。

ともかくこれにて第一目標である壁を作る工程は終了です。終わったと同時に手がヒリヒリするのに気付き、見てみると手の皮がベロっとめくれておりました。アドレナリンが出ていて気づかなかったのか、今になってめちゃくちゃに痛いです。手袋しとけばよかった・・・。

最後に・・・

DIY キッチン

今回のDIY生活、これまでの作業もこれからの作業も、一貫して「電動工具を一切使いません」!てか、持ってないし高くて買えないので使えません!

主に使うのは「トンカチ」「キリ」「ドライバー」。超アナログで進めていくので一つ一つの工程にかなりの時間がかかってしまいますし、手は痛めつけられるばかり。

なんの縛りプレイなのか自分でも謎ですが、「電動工具なんてなくてもオサレな空間は作れるんだぜ!」と声を張れるよう頑張っていこうと思います。

次回は壁付け一面の机と、スパイスラックを作っていきたいと思います。スローペースなのでいつになるかはわかりませんがお楽しみに!!バイナラー!

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。