無印のマッサマン!世界一のタイカレーは超マイルドで美味が過ぎる!

無印のマッサマン

マッサマン!
世界で一番美味しい料理とも紹介される、このカレーはタイ出身の料理。日本でも割と人気なのか、スーパーで「マッサマン 簡単調理キット」なるものも売ってるのを見かけます。

さ〜らに、日本レトルトカレー界のニューヒーロー「無印良品」もこれを見逃すはずなく、「マッサマン」をその豊かなバリエーションの一つに揃えています。

まあ、この流れはアレです。今回は無印良品のレトルト「素材を生かしたカレー マッサマン」を食べて感想を徒然と述べたいと思います(という毎度おなじみの流れです)。

 

マッサマンてどんなカレーなの?

無印のマッサマン パッケージ

マッサマンはタイ南部発祥のカレーで、豚肉などが食べられないイスラム教徒が食べていたカレーだそうです。マッサマンという言葉自体「イスラム教の〜」という意味を持つそうな。

また、ほろっほろのジャガイモと鶏肉を使ったカレーで、タイ北部や中部ではほとんど食べられていなかったようです。世界一おいしいと言われてるのに地元ではマイナー、なんともややこしい立ち位置(笑)

カレブロ
「先に海外で人気を獲得した、日本のインディーズバンド」みたいなニュアンス

 

いざ、実食!

パッと見た感じ、赤い

無印のマッサマン 赤い
カレブロ
うわ、すんげぇ色。ラー油こぼしてんじゃね?

パッと写真を見た感じ、「赤ッ!赤いカレーやなぁ」と思ってしまいますが、これは油が表面に浮きまくっているだけで、本来は黄土色のカレーです。

でもでも、この色を見る限りかなり辛そうですよね…。タイカレーといえば激辛・これは覚悟しなくては…!!

アムロ、いっきまぁ〜す!

辛くないよん

無印のマッサマン 辛くない
カレブロ
もんげ〜〜!超マイルド!!

タイカレーと聞けば「激辛」を真っ先にイメージしがちな僕達ですが、マッサマンカレーは殆ど辛みがなく、ココナッツミルクを筆頭に濃厚マイルドな味わいを楽しめます

お子さんでも美味しく食べられる、むしろハマってしまう勢いでいただけるのもマッサマンの嬉しいところ!でも、「ルウカレーよりマッサマンが食べたい」なんて言われた日にゃ、今後の家カレーの雲行きが心配になりますね。

「それはそれ、これはこれ」で乗り切ってくだしい。

具もホクホクじゅーしー

無印のマッサマン ほくほく

マッサマンのメインの具材はジャガイモと鶏肉!中でもほろほろのジャガイモが中毒性のある美味しさです。個人的には鶏肉なしで、ジャガイモだけで良いんじゃないかとさえ思っています。

でもでも、鶏肉もモチロンいい味してますよん。一口小サイズなお肉が数個コロッと入っていてココナッツと良く合ってますね!それと、お豆がプカプカと浮いていて可愛らしいです。

カレブロ
可愛らしいと感じれる自分の心も可愛らしい。え??

スープ感覚で冬に良いかも

今回僕はライスと合わせてお昼ご飯として食べましたが、マッサマンはソースにとろみが無いので、スープ感覚でも食べられてしまいます

これから冬で寒い日が続きますが、そんな日にマッサマンを食べればスパイスのほのな辛みも相まって、体がポカポカとあったまり良さそうです。これはレトルトカレーなので、ちょいとばかり贅沢ですがそんな食べ方もアリなのでは??

超トリッキーですが、寒い日はマッサマンをマグカップに入れてすすりながら仕事をしたい気持ちも無きにしも非ずです

カレブロ
ありをりはべり、いまそかり。

 

ごちそうさまでした!

世界一美味しい料理といわれるのも納得納得の美味しいお味でした(無印のが世界一ではないですよ笑)。マジで会社に持って行ってデスクに置いといてやろうかな。自由すぎるか笑。

無印カレーはまだまだ種類がありますので、これからもどんどん食レポあげていくと思います。是非是非お楽しみいただければと思います。

それでは、最後にマッサマンの呪いをかけてこの記事の締めといたします。

マッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンサンマサンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマン

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









1 個のコメント

  • マッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンサンマサンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマンマッサマン

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。