無印 ビーフカレー ごろりとした牛肉はスプーンが埋まるほど!

無印 ビーフカレー

「具が小っちぇえなぁ」
レトルトカレーを開けたとき、ふとこう頭によぎることって多々ありますよね。今では数1,000種類以上も存在するレトルトカレーですが、そのどれも具材が細かいものです。

しか〜し、今回いただく無印良品「ごろり牛肉のスパイシーカレー」は名前の通り、ごろりとした牛肉の大きさがチャームポイント。大きさだけじゃあなく、お味の方もきっとムフフな感じなハズ。

カレブロ
早速頂いていきましょう!

 

いざ、実食!

肉がでかいズラ〜!

無印 ビーフカレー 牛肉

デッケェわ。ごろりだわ。ワクワクさんだわ。パッケージの厚みに触れてから大方の予想はついていたのですが、いざ開けてみるとお肉の大きさにちょっとビックリです。

スプーンが埋まるほどのごろり肉が4つほど入っていてお世辞に抜きに具沢山。もちの論でございまするが、そのお味の方もとっってもジューシー&脂身はトロトロで非常に美味しいでゴザイマス。

カレー全体でみると、かな〜り辛みの効いたスパイシーなカレーなんですが、お肉に関しては旨味が強く甘さの方が前面に出ていますね。バランス感の良いこと良いこと。

カレブロ
ひとまずこのカレーは、大当たり。

スパイスから作るカレーやインドカレーも良いけれど、こういった「ザ・洋食屋さんのカレー」ってのもやっぱり良いもんだなぁと、ふつふつと感じさせられます。

ルウはスパイシーで結構辛いね

無印 ビーフカレー スパイシー 辛い

先ほどもチョロッと書きましたが、このカレーはスパイシーでかなり辛めのカレーですね。辛いものにあまり強くない僕としては、コップのお水を常に満たしておきたい感じ。

ただ辛いカレーは美味しい。なんで辛いのが美味しいのかはロジカルには答えることが出来ませんが、ともかく美味しい、米がやたらと進むのである。米が進むということは美味しいということである。

しかし、辛いだけというわけではなく、どちらかといえば「辛甘い(からあまい)」。おそらくですが、クタクタになるまで煮込まれた玉ねぎの甘みや旨味がルウに溶け出してるからなんではないでしょうか。これにより一層ルウに深みが増してます。

カレブロ
よくよくパッケージを見れば、味噌やコーヒーを隠し味に使ってるのだとか。今度マネしてみようかしら。

ビーフカレーといえば「洋食屋さんのカレー」というイメージがあるが、このカレーはいい感じにそれが体現できている気もする。コンパクトかつ上品に仕上げられているので、とっても美味しく楽しめました♪

 

ごちそうさまでした!

無印 ビーフカレー パッケージ

事前情報通り、ごろり牛肉がとっても魅力的なカレーでした。個人的にかなり気に入ってしまった節がありますのでストック用に今度また無印へ買いに行こうと思います。

カレブロ
リピしたくなるレトルトカレーが増えてきて嬉しす。

皆さんも是非色々なレトルトカレーを試してみて、自分の推しメンを探してみてください。結構楽しいもんですよ♪

それではここらで、ばいなら〜!

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。