無印 スパイシーチキン | 行き過ぎた爽やか、カルダモンの暴力。

無印 スパイシーチキン

最初に結論を言っておきますと

カレブロ
美味しくなかった!!!笑

今回は無印良品の「スパイシーチキン」をいただいたのですが、正直僕のお口には全く合いませんでした。食べきるのもちょっと辛いくらいに。

このカレーの何がそんなに合わなかったのか、ダメだったのか、僕なりに分析をし「一つの答え」を導きましたので、これからお話ししていきたいと思います。

 

いざ、実食!!

カルダモンが際立ちすぎ?

無印 スパイシーチキン
ガラムマサラの香りを生かしたスパイシーな味わいのインドカレーです。チキンの旨味と、後からくるブラックペッパーの辛さが特徴です。

スパイシーチキンのパッケージには上記のような説明が書かれています。しかし実際食べてお口の中に広がってきたのは「ガラムマサラ」でなく、「カルダモン」でした。

カルダモンといえば、爽快感のある爽やかで独特な風味を持つスパイス。僕もインドカレーを作る際は度々使用しています。

しか〜しながら、「スパイシーチキン」ではカルダモンがきつ過ぎて苦味が出てしまってる気がしました。

チキンの旨味とかもそれに隠れてしまってたし、後味もブラックペッパーでなく「カルダモンが来るぅ〜〜〜!!」って感じ。

カレブロ
まさにカルダモンの暴力。

結果、最後までスパイシーチキンに美味しさを感じることが出来ず、お皿が空っぽになってしまったのです(頑張って全部食べました)。

もしかしたらカルダモンじゃないかも笑

無印 スパイシーチキン

今まで散々カルダモンカルダモン言ってきましたが、もしかするとそうでない可能性もございます。僕自身カレーを食べただけで材料が分かるほど舌が良くありませんから笑。

カルダモンでなく、スパイシーチキンの言う「ガラムマサラ」がこんな味だったのかもしれないし、そもそもこういうものなのかもしれない。

ただそんなことは重要でなく、肝心なのは「美味しいかどうか」。材料が何であれ僕が感じたのは「行き過ぎた爽やかさ」。

「僕の口に合わなかっただけ」なのか「まずいカレー」なのかは、何人もの意見を聞かないと分かりませんが、ひとまず僕が感じたことは以上です。

最後に「スパイシーチキン」を一言で表すと

カレブロ
香水をかけすぎて、逆に臭いオバサン!

まさにそんなカレーでした。

 

まとめ

無印 スパイシーチキン

今回のスパイシーチキンにしてもそうですが、無印良品の出してるカレーは種類によって当たり外れの差が大きいように感じます。

美味しいカレーもあれば、ゲゲッとするカレーもあったり。好みの問題も大きいと思いますがもう一踏ん張りして欲しいところ。

まだ数種類食べてない無印カレーがありますので、全部食べてランキングでもつけてみようかしら。

そんなつぶやきを残して、今回もここらで、バイナラー。

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。