究極のタンドリーチキンのレシピを求めて -さっぱり爽やかな仕上がり-

タンドリーチキン レシピ

僕はカレーのブログなんてものを運営しているくらいですから、毎週のようにカレーを作っているわけですが、それと同様に「どうやったら美味しくなるのか」と日々試行錯誤しているスパイス料理がございます。

「タンドリーチキン」
近年はコンビニのサラダチキンコーナーで顔を見かけるようになり手頃なおかずとなっていますね。しかし僕はそれでは物足りず「どうにか本格的で美味しいタンドリーチキンをお家で作りたいのや」とトライアンドエラーを繰り返し。

そして今回、なんとか納得できるタンドリーチキンが出来上がったので、第一弾報告会の意味も込めて。そのレシピをご紹介いたします。

 

動画で見る

カレブロ
ぜひぜひチャンネル登録お願いします!かなり嬉しいです!!!

 

材料(4人分)

鶏もも肉 700g
バター 10g程度
マリネする材料
パプリカ 大さじ1
コリアンダー 小さじ2
クミン 小さじ2
クローブ 小さじ1/4
ターメリック 小さじ1/2
レッドチリ 小さじ1/2
小さじ1
レモン汁 大さじ1
プレーンヨーグルト 100g

 

手順 -マリネするのだ-

1.鶏もも肉を大きめサイズに切る

タンドリーチキン レシピ

食べやすい一口サイズに切ってしまってもいいのだが、焼くとお肉は縮こまって完成形がこじんまりとしてしまうので、ここは思い切って大きめサイズに切っておこう。

また、先にフォークでお肉にプスプスと穴を入れておくと、マリネ液がよく浸透する”気”がするのでオススメである。プラシーボ効果かもしんないけどね笑。

2.フリーザーパック等にマリネ材料を全部入れ、混ぜ合わせる

タンドリーチキン レシピ

材料を密閉できるフリーザーパック等にそのままマリネ材料をぶち込んでしまい、モミモミして全体を混ぜ合わせていきましょう。

先にボウルなどに移して洗い物が増えるのを避けたかったのでそのまま入れたのですが、若干混ぜるのに時間がかかったので、やはり「ボウルに入れ混ぜ合わす」→「フリーザーパックに入れる」の流れの方がスムーズかもしれない。どちらの橋を渡るかはお任せする。

3.鶏もも肉を加え、しっかりマリネ液と馴染ませる

タンドリーチキン レシピ

鶏もも肉をフリーザーパックに入れて、ひたすらモミモミ。

もみもみ。もみもみ。もみもみ。もみもみ。もみもみ。よし、十分だと思うので冷蔵庫で寝かせましょう。

4.最低2時間以上は冷蔵庫で寝かせる

寝かせる時間に関してはレシピによってバラバラで、中には「寝かせる必要はない」なんて書かれているものもあるくらいである。なんだか流石に「味染み込まないだろ」と思ったので、僕は【2時間以上】をお勧めします。

2時間以上にした根拠は、単にこう記載されてるレシピが多かったからってだけです。分からないなら大多数の意見を聞く。うん、民主主義だぜ。

カレブロ
大多数が2時間って言うのなら、それが「普通」であり「王道」になる。普通を知るのはいつだって大事なのだ。

 

手順 -焼くのだ-

5.フライパンにバターをひいて、弱火で肉を焼く

タンドリーチキン レシピ

この2時間、皆さんは何をしていましたか。
今晩の他のおかず作り? 村上春樹の新作を読書? 家族や友達との会話に花が咲いた? 僕はPS4のペルソナ5をプレイしてましたね。

それはともかく、もう十分マリネ液がお肉に浸透している頃合いですのでフライパンで焼いていきましょう。そのまま焼くのではなく、「味の深み増し装置」としてバターをひいてあげるといい感じです。

弱火で両面じっくり焼いていきましょう。

6.表面がカリッとし、中まで火が通ったら完成だ

タンドリーチキン レシピ

表面はカリッとさせるのがオススメ、超美味しくなりますよ!弱火で焼き続けてカリッとならないなら仕上げだけ強火にして一気に表面だけ焼き上げちゃいましょう。

ハサミ等でお肉をちょっこし切って、仲間で火が通ってるのを確認したら完成でゴザイマス。お疲れ様でした!

 

お味はいかが?

タンドリーチキン レシピ

まずは一言、

カレブロ
メチャンコ旨いぜ!!

各スパイスの風味が効いていて、特にクローブの爽やか感が独特でいい味を出してる。やはりお肉とスパイスのコンビネーションて奴は最強なのかもしれない。中世期にスパイスで戦争が勃発していたのも、あながち分からなくもない。(いや、それは分からないか笑)

レモン汁やプレーンヨーグルトなど、酸味を帯びた材料が入っているため、余計爽やかでさっぱりとした仕上がりになってます。これなら「お肉を食べ過ぎた」「油っこい」等、後ろめたい気持ちなく女性も食べやすいのではないでしょうか。コンビニでサラダチキンの横に並んでても、あながち分からなくもない。(こちらは分かる)

もちろん爽やか感だけでなく、唐辛子も入ってるのでスパイシーだしカレーの風味も良くお肉とあっている。自分でいうのもなんだが、中々に完成度の高い「タンドリーチキン」が作れた気がします。

いやはや美味しかった。ごちそうさまでした。

 

反省会

今回のタンドリーチキン、非常に美味なる味で大満足したいところですがまだまだ改良の余地が見られます。もっとブレッシュアップして唯一無二となるまで価値を高めていきたいと思います。そのため最後に反省会をして次回に活かそうかなと。

まず今回の良かった点は以下が大筋かなと思われる

  1. クローブやレモン汁などのお陰で、爽やかでさっぱりとした仕上がりに、ここが良かった。
  2. それだけでなく、全体的にスパイスの風味が効いてた。
  3. フライパンで簡単に作れる

そして良かった点を残しつつ、改善案を提示

  1. スパイスの種類が多いから揃えるのが少し(かなり)面倒。
  2. 特に良かったスパイスは残すとして、他は代案を考える。
  3. カレー粉とか?
  4. まとめると「簡単に作れてはいるが、簡単な”材料”で作れていない」
  5. 第2弾はここに注力を払おう

ということになりました。第2回がいつになるかわかりませんが、なるべく早く持ってきたいと思います。ヨロスク。

 

最後に

トライアンドエラーしながら、さらに美味しい料理を目指していくのは意外にも楽しいものです。七つの大罪で一つ選ばれるなら確実に「怠惰」である僕が楽しめてるのが自分でもびっくらコイータです。

家にスパイスが揃ってる方や、興味が沸いたぜって方は是非に是非に作ってみてください。味は保証します。

それではここらで、バイナラー!









2 件のコメント

  • 今までで一番!?メチャ嬉しいです!!

    さらに洗練された味を目指して、ちょこちょこ研究中ですので
    完成した時にまたレシピ上げます♪

  • 作ってみました。
    スパイスがよくしみ込んでて今まで食べたタンドリーチキンの中で最も美味しかったです。
    スパイス揃えた甲斐がありました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。