[本当にレトルト?]一軒のお店の十勝ホエー豚スープカレーが本格的すぎる!!

一軒のお店の十勝ホエー豚スープカレー

北海道のカレーといえばスープカレー。インドネシア等の汁気の多いカレーをヒントにして作られた札幌発祥のカレーです。

今回はその札幌にあるカレー店[ouchi]で人気の豚角煮スープカレー「一軒のお店の十勝ホエー豚スープカレー」をいただきます!

豚の角煮を筆頭に、スープからゴロッと覗く大きな具材やスープカレー特有のスパイスの雰囲気をまるっとお伝えしますよ〜。

でも、このレトルトカレーで絶対に忘れられない存在がもう一つ。

 

パッケージが超おしゃれ♪

一軒のお店の十勝ホエー豚スープカレーのパッケージ

可愛すぎだろ!!最高かよ!!

店名の[ouchi]を想像させる、家の形をしたパッケージがとっても魅力的です。

レトルトカレーのパッケージって、どうも古臭く若者受けしないようなデザインが多いんですよね。それに比べこのカレーなら友人へ贈るギフトとしても喜ばれそうで、個人的にすごく気に入っています。

レトルトカレーのは味はもちろん、パッケージも商品の価値を左右する大切な要素だと考えています。このカレーは、味だけでなくパッケージでもユーザーを楽しませてくれる素敵なカレーですね。

 

いざ、実食!

スパイスの香りがストレート!

十勝ホエー豚スープカレーはスパイスの香りがストレート
カレブロ
あぁ。スープカレーだなぁ。

スパイスの香りがスーッと鼻を抜けていくのを感じながら、こう思いました。

スープカレーはルゥカレーに比べスパイスがストレートに香る特徴があるんですよね。このほんのり刺激的で出汁の旨みが乗った憎たらしい香りがまた僕好みで、食欲がふつふつと湧き上がってきました。

それではいただきましょうか。皆さんは画面の前で、僕が超絶美味なスープカレーを食べるさまを見ておいてください。

カレブロ
「お腹空くだろ!」だって?
そんなの、知りまっすぇ〜〜んっ!

くぅ〜〜!スープの出汁が良き!!

十勝ホエー豚スープカレーの出汁

カレーの旨みとともに感じる濃厚なスープの出汁が超絶マッチしています。これぞルゥカレーでは堪能できない、スープカレーの強みですな!

出汁の味は、醤油っぽさと言えば良いのでしょうか。和風テイストで日本人のお口が慣れ親しんだ印象を覚えました。

そしてそこに、スパイスの香りも混ざり合うので「これ、本当にレトルト?笑」と疑ってしまうほどに本格的なお味です!これは大当たりを引いたと確信しました。

具が…具が大きいんじゃあ!!

じゃがいもが皮ごと一つ入っている

まずはじゃがいも、皮ごとゴロンと一つ入っています。これはワイルドすぎちゃんでも真似できない豪快さ(一旦ブームは過ぎましたが絶対帰ってくると信じてます)。

スプーンでつつくとホロりと半分に割れ、口に入れると芋の甘みがカレーの風味とともにブワァ〜と広がる。文句のつけようもなく美味しい、100点満点星三つのじゃがいもでした。

煮卵はお汁が染み込んで超濃厚

お次は煮卵。僕はガングロ卵ちゃんのように、お汁の染み込んだ子が好みなのですが、このカレーはどうだろうk…合格ゥゥゥ!!

味は答えるまでもなく、スープがし〜っかり染み付き濃ゆく、この煮卵だけでもご飯がメチャクチャ進みます。スープでひたひたにしながら食べると、これまた絶品で幸せです。

豚の角煮がトロトロで美味しい

最後は十勝ホエー豚。トロトロで脂身までまろやか、スープによく合います

もはやスープカレーでなく、豚の角煮としてお店で出しても超人気メニューになれそうです。それほどに完成されています。いや本当にレトルトなのこれ?

改めて一つ一つ本当に良質な素材が使われているんだなぁと実感しました。楽しい時間をどうもありがとう。

 

ごちそうさまでした

スープカレーの食後

長らく食事にお付き合い頂きありがとうございました。きっと今頃、皆さんのお腹はスープカレーが食べたくて食べたくて震えているはず。

北海道の[ouchi]へ遊びに行くもよし!レトルトカレーを食べてみるもよし!ぜひぜひお腹とご相談の上、「一軒のお店の十勝ホエー豚スープカレー」を食べてみてくださいね!

いや〜今回も美味しかった!ごちそうさまでした!

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「何かを始めたい」の思いを抱えるが、どうすればいいのか分からない。 悩んだ末「百貨店を上から下まで見回す」作戦を実行した結果、カレーという超面白い料理を発見し、カレー沼にハマった21歳、大阪府民。 家でゴロゴロするのが大好きすぎて動けません。助けて。